福井県産材の木の柱や梁を使った木造住宅「木ごころの家」。木に包まれた空間は、穏やかな優しい空気に包まれます。
木組みの見える愛着のある家で、木と暮らす楽しさを感じてください。また、福井の風土で育った木の家は、森づくりにも一役買っています。

福井の風土で育った杉の木は、温もりや優しさだけでなく強い強度と粘りが特徴です。その原木を製材し、大工職人が一本一本を吟味しながら、適材適所に木を選んで家を建てます。ダイナミックに柱や梁を見せるため、接合部を現代的な金物だけに頼らず、あえて伝統的な木組みにしています。古来からの先人たちの知恵が息づく、伝統の木の家です。

やわらかで温もりのある足触りは、夏涼しく冬暖かい。まるで天然の床暖房のような心地よさです。吸湿性の高さ、足腰に負担が少ないやわらかさ、素足になりたくなるほど気持のよい肌への感触。季節を重ねるごとに色の変化や艶が出るのもまた、無垢材(ムク材)ならではの楽しみの一つです。

呼吸する断熱材「羊毛断熱材」。高断熱材は、いまや家を建てるにはかかせない要素です。中西木材は、その断熱材も自然素材にこだわっています。主原料が羊の毛でできた断熱材「羊毛断熱材」は、石油系の断熱材とはちがい、地球に優しく人に無害。環境を考えた高性能断熱材です。

高性能デザイン平屋「with ‒ウィズ‒」